40

40

いまいち実感がないけど明日で40歳になる。
実感がない。
いや、そんなこともないのか。
覚悟というか、気持ちとしてはすっきりしてるんだが。
まあ、40歳だからどうこうというのはないかもしれないけど、なんとなく自分の中でイメージしてた40歳のひととは少し違う。
別に若く見えるだろアピールとかではない。
「四十にして惑わず」という言葉があるみたいやけど、そんな風には全然思えない。むしろ惑いまくり。まくりまくり。
それはそれでいい、とも思えてるってことは惑ってない方ではあるのか。まあ比べることではないけれど。
なんにせよロープレでいうとこのレベルアップその前に、39歳のうちに、思うところをブログに書いておこうということで。
それにしても
鹿児島含め九州の大雨が心配で気が気じゃなかった。うちの家族はみんな大丈夫だったみたいやけどたくさんの方が大変な思いされましたよね。土砂崩れとかも各地であったし引き続き心配。それにしても最近の極端な天候、やっぱり温暖化はじめとする自然環境の変化が原因だと思う。というか関係ないわけない。地震のニュースも同様に感じるが、何か起こるたびに思うのは自然の中で僕らは生かされてるだけで生活においての僕らのための利便性なんてまるっと差し置いても社会全体で考えていかなきゃいけないことだらけなんじゃないかと思う。だらけ。社会というか地球に生かされてる人類全員でさ。

話それちゃいましたが
時代はどんどん変わっていくなかで
あいも変わらず毎日歌を作り続けておる松藤。
おかげさまで40という節目に新しい音源を明日7/6神戸でのライブからリリースします。
ニューアルバム
「rooM」(読み方:ルーム)(Mが大文字なのはあえてよ)といいます。
いろんなものが散らかってるように見えて本当は必要なものしか置いてない自分の部屋(ルーム)のようなイメージで歌が集まり出来上がりました。意味合いとして後付けではあるけど、ちょうど記念すべき令和元年のアルバムになるので令和[れいわ→れい(0)+わ(O)] をRとMで(りょうへい まつふじ)挟んでる英単語なのでなんか良いなあと。(ほんと自分大好きやなあと思う)
でもちょっと単純すぎる名前やなと思いつつ、でも自分の部屋に籠りにこもって、あーでもないこーでもないと試行錯誤し、いろんなことを想像しながら作った歌たちであることは間違いないので、ルーム、まさにぴったりかなあと思います。
この一年ないくらい、新曲ですというMCの名の下に歌い続けてきた(もはや新曲かどうか)「いい日に今日も」という歌や、年齢的にアダルトなイメージの歌もありだろうという心意気のもと作ったのだがやはりどこかでエロを回避しようとする上っ面もそのままに出来上がった「エスパー」やタイトルだけ聞くとオイ松藤さんレコ倫大丈夫?となりそうな「いっちゃった」や、まっすぐなラブソング、愚痴ソング、独り言ソング、過去松藤作品へのアンサーソング、平和への願いを込めた歌、などなど収録されております。どれもかわいい、大切な歌たちです。
はじめから終わりまでほんとに色んな曲入っていてどれもそれぞれのカラーをちゃんと持っている作品になって、とにかく気に入っています。ライブ会場限定での販売になります。ぜひ会場でゲットしてくださいませ。1枚30,000円になります。。。(嘘です。ジョーク。過去作と変わらず¥2,000-也)(40にもなると冗談がおっさん化するよね。いやもともとか、冗談下手やもんな。年齢のせいにするなよな)
ジャケットは内緒です。きゃわいいです。ぜひ会場で見つけてください。

てアルバムの宣伝かい。
いやでも他で宣伝する気ないんやからここでぐらい宣伝してよし。

改めて
30代はほんとに濃ゆかったなあと思う。毎日が。
20代もたくさんの人と出会いはあったけど30代は特にいろんなジャンルのひとたちというか、いい意味で影響をもらえるひとたちと出会えたんじゃないかなあと思う。ありがたいなあと。 40代は音楽を通してほんの少しでもそれを返していけるような自分になりたいと思う。あとは素直でいたい。変なこだわりとか計算にしばられずに心に素直にいられたらいいなあと思う。
40代スタートするにあたり、感謝の心をもって、また始まる新しい時代を自分の歌にかえて、言葉にかえて、いいのん作れたらいいなと思っています。(急にざっくり、やけどほんとそう)
それでは、ライブ会場で四十路を迎えた松藤、お待ちしております。

松藤

(写真は雨の中落ちてた花)

2019/07/05